特別休暇

余り嬉しくないが休暇を満喫してこよう。
1週間だけであるが、嫌な日々だ。
帰宅後1週間以内に昨年から継続している案件が、私の手から離れる。
問題は全てプラスに解決する。

そこで、寂しいが私のアドレスから削除せねばならない。以後私の出来る事は何もない。

残念の一言である。
(訳は信頼関係が薄れていることに依る。私の独断的なる解釈である。)


スポンサーサイト
   病院から帰宅

顔の浮腫みが原因不明と言われた。

藪医者め!。

何が原因不明なんだ。自分で分らないだけだろうが。


とは言うものの、気になるので、知人の院長に頼ることにした。

「空いてる時間が来週までない!。」

自棄(分った!)

  紹介状!

さて、必要な書類が揃った。
明日は病院だ。
初診はどうも苦手だ。説明するのが面倒だ。

と、まぁこんな感じだが行かねばなるまい。
そもそも、今更治療したところで、大した変化が有るまいに。
痛み止めで何とか遣っ付けていたんだが、年貢の納め時だったのかも?

何れにせよ、気にすることは無い。
たかが偏頭痛の親玉を取り除くだけだ。
  我ながら・・・

要約、病院が決まりそうである。
阿佐ヶ谷の河北総合病院に落ち着きそうである。
が、まだ確実ではない。今週中に確定する。

問題は部屋の中に有る60鉢を超える植木だ。
1~2週間で大丈夫だが、時期が問題である。
明日、紹介状が届く。

ゆっくり検討する。
痛み以外は至って健康である。何ら問題なし。
  一抱えの薬

藪医者め!2か月前~服用し始めた筋肉の攣りを弛緩する薬と言うことで、漢方薬をドッサリと、貰った。1日3回服用しているが、一向に症状が治まらない。寧ろ、痙攣しない箇所は首だけになった。立ち上がれば右足の中指、薬指、小指が引き攣る。我慢をすると、土踏まずが引き攣る。そして太腿~右側の腹筋だ。最悪だよ!

朝起きて、立ち上がったらその状態だ。オマケに箸を持ったらそのまま手が固まってしまう。寝ていて寝返りを打つたら太腿が引き攣ってしまう。如何にせんこれは漢方薬では無理なのでは?「腰から来ている」てな事を言われ腰を固定するベルトの様なバンドの様な物を使う羽目になった。その上腰に痛み止めを打たれた。(痛み止めを打つ前に、その痛み止めが痛くない注射を打って欲しかったな。)

最悪は痛い周期が頻繁にあることだ。座薬をくれた。1日2回。座薬なんか使っていられるか!マイッタ!5月の連休明けに何処かの大学病院で再検査をしてもらうことにした。破産宣言!何て思ってしまう。とにかく最悪の一言である。

テーマ : どうでもいいこと - ジャンル :

copyright © 暇だらけな自由なブログ all rights reserved.
powered by