精神科医

何となく凄そうな、偉そうな・・・取り付きにくそうな感じがする。余り好きでは無い。が、知人にいる。素面の時と周囲に人がいる時は2重も3重もの仮面をかぶったような喋り方をする。

余り好きでは無い❕って本人にも言っている。何故付き合っているかと良く聞かれることが有る。

仲間同士で呑んだ時、もの凄く変貌する・・・気が狂ったようにである。彼の家族はもとより同僚の医師さえ知らないはずである。私が好きなのはその変貌ぶりである。

「おい!こいつ頭大丈夫か?」何て聞かれるのは飲む度、毎度のことであり、最終的には泣き上戸に変貌する。

泣き上戸に変貌すると、当然のようにホッタラカシで「そっちで泣いてろよ!」何て相手にされない。


その彼と、その後輩とで、3人で呑んだ。
(さすがに後輩の前、変貌どころか泣き上戸にもなれない)
辛そうで不味い酒。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪(良いざま) 


何故吞んだか?
彼と、彼の後輩の共通の知人が心に問題を抱えた人らしく、そのカウンセリングを「お前流のやり方で何とかしてくれ!」との、相談だった。

1年に2人~3人位話を持ち込んでくる。彼曰く、「先輩後輩だの縦割りやら横割りやらの関係や病院の関係で、お前の様に口先だけで診るわけに行かない。」と、偉そうに言う。プンヾ(`・3・´)ノプン

彼は、自信がうつ病になつた時、数種類の向精神薬を服用して仕事が出来なくなったことが有る。その所為か本来は薬の服用は反対なのだが、色んな立場が有る。と、吞むと口にすることがある。薬が止められず泣きついて来たこともあった。その彼も暗示で治って今が有る。

そんなこんなで、取り敢えづ後日その当事者に合うことになった。


自論です。
心理的病なんて薬は要らない!と、思っている。暗示で、思い込みと自信で何とかなる。




スポンサーサイト
    寝起き

歯ブラシを銜えたまま庭の鉢植えのトマトを眺めていたら1センチほどの実が生っていた。枝目を切って鉢に差して置いたのも青々とした小さな葉を広げている。\(^o^)/

急ぎ歯を磨き顔を洗って、コーヒーメーカーをセット。
朝から何となく気分が良い。
小学校からは運動会の練習なのか子供たちの歓声と応援合戦(?)太鼓の音が聞こえてくる。

蚊取り線香を10㎝位に折って両側に火をつけたのを3個用意して掃き出し窓とトマトの傍に置いた。

後はコーヒーが出来るのを待つだけ!


…気分よくコーヒーの入ったマグカップを片手に小さなトマトの実を眺める。路地物のトマト独特の匂。

太陽の味と匂! と、私は勝手に思っている懐かしい味と匂。

今年こそはトマト三昧!(ミニトマト3鉢・桃太郎2鉢x枝目2鉢) 更に追加予定。

2~30分のコーヒータイムの間に献血も終わったらしく腕と首が痒い。殺虫剤も買って来るべきだった。ちょっと悔しい!(;_;)



追加は深夜!


     来たぜ初鰹!


静岡の知人2人が日曜日の夜に訪ねてきた!
丸々と太った鰹1本と藁束をもって・・・!

待望の初鰹三昧❕ (清水港ではなく焼津港)

今回は私の出番はなく、座って出来上がりを待ってるだけ。最高の気分

3人では寂しいので、暇人氏に連絡。忽ち暇人3人が集合。(一人は全くの下戸)他にも声掛けたかったが翌日が月曜日・・・仕事だ。老いた暇人達とは違いバリバリの現役。


6人で日本酒(持参)ジムビーム。ワイルドターキ・何故かリキュール・・・缶コーヒー。

静岡の知人のUさん。料理は本職並みとか、奥さんは数年前に買い物に出掛けたまま、まだ買い物中だそうです。(元気に買い物をしているところを時折見かけるそうです)(・∀・)ニヤニヤ詳しいことは武士の情けで聞かないことにしています。が、飲むとUさん本人が語ってくれます。

もう一人の知人Oさんは、3拍子揃った方で収入の殆どをそちらにお使いとか…豪快その者です。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?


さて・・・さて・・・目に青葉山ホトトギス初鰹
肝心の鰹の叩きと刺身は、
「やっぱ、初物だな!」
「さすがに美味いな~!」
などとの会話と共に瞬く間に消えてしまいました。

残ったのは動くたびに吐き気を覚える激しい宿酔いでした。
(黒薔薇の話も仕事の話も燃やした藁の様に消えてしまいました。)

焼津港で鰹三昧が始まったとか・・・次回は直接食べに行くことに決まった。ひょっとすると山に行くメンバーが増えるかも・・・?(里山徘徊が黒死病の様に蔓延するかもしれない)(^ε^)♪


宿酔い×2
しばしダウン!

   暇すぎて

ーよし!新宿まで歩こう!
何て思いついて家を出たのが10時。
歩く…歩く・・・。
1時間近くをかけて中野到着。

ーよし!次だ…と青梅街道を横切りレンガ道に辿り着く。
花❕ はな❕ はな❕
色とりどりの花を眺めながら歩いていると見覚えのある顔。
中野図書館でよく見かけた顔が、ニッと笑った。釣られて私もニッ!
(話した記憶がない)

何となく並んで歩きながら近況を聞かされる。
取り敢えず適当に相槌を打ちながら新宿に向かう。
中野に20年ほど住んでいたが図書館で会ったことがあるだけの名も知らぬオッサンだ。これと言って話す事も無く、どこかで分かれるだろ思ったら「暇だからコーヒー飲みに行くところですけど、美味い喫茶店があるのです。どうですか?」


美味い喫茶店美味いコーヒーとなる言葉が脳細胞に心地よく響き「良いですね!行きましょう!」と返事していた。


期待度100%





絞め殺したい気分。゛(`ヘ´#) ムッキー
少しも美味くない!
味も香りも・・・何で? どおして?

新宿まで歩く元気が消滅してしまった。中野坂上駅から中央線で帰宅。
何となく腹痛。
何となく

モンステラのヘゴ仕立て(9株)の新芽が天井に届いた。が、天井に触れてる葉が何故か黄色に変色して腐ってきた。思い切って腐った部分だけを切り落とした。ついでに鉢のすぐ上の部分の葉、10数枚を切り落とした。

ヘゴ材に絡んだ茎と枯れ枝の様にぶら下がった根が一段と目を引き付ける。

ポトスの切り戻しをした枝から新しい葉が出ている。7~8㎝だ。古い枝の葉は15㎝を超え、20㎝を超えているのもある。

相変わらず”青年の木”なる名前の鉢が6鉢程貰い手を待っているのだが、(130㎝~150㎝)貰い手が無い。

差し上げます!
どなたでも、6個全部でも、1個でも大歓迎です!。ヽ(´∀`)ノ


・・・
新緑の季節。
この時期、何故か心に陰りの現れる人が増えるようである。その小さく些細な陰りがあっという間に蔓延る雑草の様に広がってしまう。悲しいことである。

私のもとにも、紹介状を持った方や知人と一緒に訪ねてくる方も増える。只訪ねてくる方すべての話を聞くことはできるが、自己判断でうつ病だと思い込まない方が良い。

「病院でうつ病だと言われました・・・」
「自分でペーパーテストをしたらうつ病だと出ました。」
「P○で調べました」

と、口にする方がかなりいる。
私は、”うつ病”だと思った瞬間からうつ病に取り込まれてしまう。と思っている。向精神薬か抗精神病薬の服用開始だ、

私の所に知人の医師が訪ねてくる。
「薬は服用しない方が良い」と言っている。多くの医師が口にする。「薬は飲まない方が良い!」

知人の医師も薬はやめた。今は月の半分ほど勤務している。
暗示だ。
私の所に来ても、私は只、相談者の元気になりたい!とか、買い物に行きたい!・・・その人それぞれの希望を叶えるための思い込みを誘発しそれをその人に植え付けただけで、これと言ったことはしていない。

18年近く薬を服用していた方が数か月の暗示で断薬し現在も元気に過ごしています。

暗示は思い込みだけなのです。ネットで調べれば催眠療法士はかなりいると思います。自分に合ったカウンセラーを探すことを進めます。
copyright © 暇だらけな自由なブログ all rights reserved.
powered by