どおしたのかな?      

土曜日に伺います。が、日曜日には必ず伺いますになって、すみません。月曜日には絶対に伺います!

そして月曜日・・・。
連絡が途絶えた。

然し、頭に来るわけでもなく、怒る気にもならず…何時もの暇な時間が更に数倍暇な時間に感じただけだった。

待ち人は20代前半の女性だ。自傷行為と数回の入退院の経験があるとの事だが、まだ会ったことは無い。紹介者とその両親が訪ねて来たのが金曜日の夕刻。

で、3日間待ちぼうけ・・・。
大事に至らなければ良いが…と、多少不安である。



もう直ぐ丑三つ時。
秋の虫が鳴くような微かな耳鳴りと、湯気の立ち上るコーヒー。
フローリングの上を這うダンゴムシ。
幾つもの若葉を広げるポトス。新芽を含んだモンステラ・・・。

見慣れた部屋の中・日々空気の中に若葉の匂いが混じっている。せせらぎの音なる音楽を流し目を閉じると脳裏に浮かんでくるのは迫り出した岩の上に腹ばいになり眼下で泳ぐヤマメを眺めている自分の姿。


寝る前にコーヒー飲んでも直ぐに眠れるんだけど・・・。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ~
スポンサーサイト
     不味いコーヒー

昼過ぎに阿佐ヶ谷で待ち合わせて駅近くのレストランで食事を済ませ、何故か善福寺川沿いをオッサン6人で散歩した。桜は既に散り花弁は薄汚れて土に還りつつあった。名も知らぬ草木の小さな若葉が射し込む陽射しに輝いていた。

緩やかな時の流れの中で、土埃の付いたベンチに座り溜息交じりの伸びをした。

会話は無い…。有るのは時折吹き抜ける微かな風に揺れる葉音だけ。


誰かが缶コーヒーを買ってきた。
缶コーヒーは好きではないが貰って飲んだ。分かっていたが飲んでから後悔した。

気怠いような時間が流れ、耐えきれなくなったのか歩き始めた。

花の落ちた梅の木に小さな梅の実がたくさんなっていた。池のふちではクチボソ(?)やメダカが泳いでいた。


2時間近川沿いの公園を歩いて、4時過ぎになった。

「明日帰るか?」
「俺も言おうと思っていた。」
ー・・・。
「飲みに行こう!」

「反対無しだな。上野に行くか?」

懐かしき上野広小路。不忍池、アメ横・・・。
大衆酒場。フィリピン&韓国クラブ・・・。
6時から飲み始めて何軒呑んだか覚えてない。
上野で別れて帰宅したのは零時を少しばかり過ぎていた。


片頭痛よりも宿酔いの方が酷い!
が、うまい酒だった!

その分コーヒーが不味い!


明日は木曜日、さて、仕事に戻るのか日曜日まで飲み続けるのか・・・?
自由気ままな輩たちだ。
  生きてるよ!    

3日間何もする気が出ず、ゴロゴロ寝ていた。何回か連絡が入ったが見もしなかった。

夜間8時を過ぎたころドアをガタガタ叩く音で仕方なく起きだしたら、ナ、ナント、数人の知人の顔がならんでいた。

「何やってるんだ。電話位出ろよ!」と、怒られてしまった。
ー・・・。

片頭痛が酷いとブログに書いたのを忘れていた・・・。それで連絡の取れない私に何か有ったのでは?、と新潟と長野の知人が5人様子を見に来た。5人共30年近く付き合いのある知人と言うより仲間だ。いつもなら4~5日連絡も無しで山に入っても気にしない輩が、何故か気になったらしくて様子を見に来てくれたのだ。

有難いことだ。言葉も出なかったが感謝の気持ちでいっぱいだ。

「お互いに葬儀には出ないけど、何かあれば取り敢えずは顔を出すのは当たり前だからな。お互いに歳だし携帯持ち歩けよ。電話位ちゃんと出ろよ!」

―今度からなるべく持ち歩くよ。すまん!
「それで終わりか?」

・・・其の後
4時間近く荻窪の居酒屋で飲んだ。話題は支離滅裂で、過去の若さと体力と無謀さの溢れ出たころの自慢話や失敗談だ。

彼らは今、阿佐ヶ谷のビジネスホテルに泊まっている。
帰る前に「昼飯を食おう」とのことで明日(本日水曜日)昼頃に阿佐ヶ谷で待ち合わせだ。



感謝と謝罪!
不調だが逝ってしまうほどではない。ご安心を!

     部屋中が新芽だらけ


片頭痛と冷蔵庫の床を這うようなモーター音。痛み止めを呑み過ぎた所為か腹痛と口内炎でコーヒーの味が今一つ旨くない。

取り敢えずは毎日荻窪から高円寺の散歩を続けて入る。

暇人氏ĀとBを訪ねたら.Ā氏は相変わらずの汚くもなく綺麗でもない部屋の中。(多分30代の女性が掃除をしているのだろう)洗濯物が綺麗にしわを伸ばして干してあった。

B氏は異常な位綺麗に掃除が行きわたっていた。前回と違いハンモックが窓際に設置されていた。愛読書らしき℞18関連が一段と増えていた。ww


笑いながら「若い友達が来るたびに持ってくるんですよ・・・(#^.^#)」だってさ!

―良い友達ですね!( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww


3人で薄汚い食堂で何故かラーメンを食べる。味は最悪!麺はだらしなく伸びきって味は塩味のような感じだったが?、途中で止めた。もともと麺類は苦手だった。(昼時でどこも混んでいたので空いていそうな店を選んだのが間違いだった)


口直しにコンビニのコーヒーを買って公園でオッサン3人で呑んだ。

以外にコンビニのコーヒーは美味しい!



登校拒否の相談の小4の男の子は元気いっぱい通学している!

学校さぼって両親からガミガミ口うるさく言われるぐらいなら学校で友達と騒いだ方が良い、に決まっている。


明日は中野までトマトの苗でも買いに行こうかな・・・?

石神井公園の釣りにも行く予定があったが忘れていた。
野鯉の方を先に行きましょう。(後日連)
    気忙しい日々

突然「今から死にます」の電話が入ったり、直接子供(小4男)を連れて母親が訪ねてきたり、何とも忙しい3日間だった。

私にとっても季節の変わり目、特に気温の差が持病の片頭痛を誘い出し正に痛み止めのガブ飲み状態。とてもカウンセリング何処ではなかったが、さすがに「今から死にます!」には対応せざるを得なかった。

一年以上何事もなく無事に生活していた30代後半の女性だが、母親との確執から暗示が解けてしまった。電話でのやり取りは、女性の一方的な話を只聞くだけで、多少の冷静さを保たせるのに1時間近くかかってしまった。

暗示をかけるだけなら、冷静でさえあればそんなに時間はかからない。会話の中で思い込みと過剰なる自信を持たせれば何とかなる。嗚咽交じりのクライアントが「先生ありがとうございました。また電話してもいいですか?」と口にするまで2時間近くかかった。

―良いですよ。何時でも連絡しなさい。

と、一段落ついたが、土曜日の夕方確執相手である母親と訪ねてきた。
「定期的にカウンセリングをして下さい」母親
―定期的に来る必要はありません!。あなたが(母親)少しだけ理解をすれば良いだけのことです。日を改めて一度お一人で来てれませんか?。ご主人も一緒の方が良いですけど・・・。

そして本日(1日)二人が来た。(ブルーマウンテンとモカをお礼にくれた。ラッキー!)\(^o^)/

そして二人がご機嫌で帰った。(o‘∀‘o)*:◦♪

二人に掛けた暗示は中々解けないだろう!(解けたらどうなるかの恐ろしさを必要以上に記憶させたからだ)


小学生の男の子は明日(3日)に学校に行けたら問題なしだ。大丈夫通学できるはずだ。朝には結果の連絡が入るだろう。単なる登校拒否だ。大げさにするほどのことは無い。


私の片頭痛もなぁ~に、単なる片頭痛だ。痛いのは生きてる証だ!

なぁ~んて思い込めたら最高に良いのだけど・・・(ノ_<)
copyright © 暇だらけな自由なブログ all rights reserved.
powered by