独り山中

近場の渓流でイワナ・ヤマメを眺めながらおにぎりをバラして天然ワサビでお茶漬けを楽しんだ。

川底に沈んだ紅葉や枯葉の上を上流に向かって優雅に泳ぐ数匹のイワナとヤマメ。

砂防ダムの溜まりだ。

ノンアルコールビールを飲みながら、大した会話も無く体が固まるほど5人の男が眺めていた。


夕刻近くに雨がぱらつき始めた・・・。
郡山で4人と別れた。


無性に山に行きたくなった、が、何ら仕度も無く取り合えづ100均に飛び込み適当に必需品らしきものを買った。


ローカル線を探し只見を見っけた。
郡山にて1泊。

翌日。

やったぜ!
只見だ!
わぁ~い・な・か!

寒さと空腹∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…
3泊山中だ!


無事帰宅しました!

④s通常
スポンサーサイト
   山・やま

23日凄く近場の山にヤマメとイワナを眺めに行ってくる。

昼飯には採りたての天然ワサビでお茶漬けだ…鼻につ~んと辛さが抜ける。

最高である。♪(/・ω・)/ ♪


④s ⑦s 他3
   肌寒い朝

何も気にすることはない。他人に迷惑さえかけなければ自分の器以上を無理して頑張る必要はない。

取り敢えずはその日その日を素直に感じることだ。


陽射しが出てきた。散歩だ!


④s
   携帯電話

pcばかりでなく携帯かスマホを持ってください。

連絡が取りにくい!

11時到着予定。八重洲(銀の鈴)


6時半帰宅。
   庭の菊

昨年に続いて菊が咲き始めた。何故かパッとしない。その横には夏に咲き誇っていたユリが種をまき散らしている。

百合の側には地植えした極楽鳥花が1メーター程の長さの葉を伸ばしている。

観葉植物の数鉢が枯れた。

水の遣り過ぎだろう?


菊の花の葬儀を止めて故人の好きだった花にしたら良いのに…。

花の数だけを競っているような葬儀は無駄ではないか?っと思っている。

故人によって、侘び・寂があったら…。

好きな季節の花を選んで自らその開花時期に合わせて彼方に逝く。

そのように上手く逝きたいものである。
   壁を移動する影

陽射しが部屋に差し込んで、観葉植物を照らしている。幾つもの葉がキラキラと輝いている。

壁に観葉植物の影が映る。

その影の中をハエ取りグモが移動する。獲物は名も知らぬハエの様な虫である。


開け放した窓から観葉植物の発する何らかの臭いに誘われたのか、必ずのように数匹は入り込んでくる名も知らぬ虫。


ハエ取りグモも現在4匹いる。クモ同士の捕食もある。


中々見ものである。



copyright © 暇だらけな自由なブログ all rights reserved.
powered by